銀行と消費者金融…どこのおまとめローンにしようか悩んでいるあなたへ

Written by rankup on 2017年8月21日

銀行のおまとめローンと消費者金融のおまとめローン、どちらを利用しようか迷っている方もいるのではないでしょうか?
ネットで銀行と消費者金融、どちらのおまとめローンがよいのかを調べてみるという方も当然いるかと思います。
ですが、調べてみると銀行のおまとめローンがおすすめだと伝えているサイトだけではなく、消費者金融のおまとめローンをすすめているサイトも出てくるのではないでしょうか。
このことから、どちらのおまとめローンを利用したらいいのかが余計わからず、悩んでしまうという方も意外といることでしょう。
当然、銀行のおまとめローンと消費者金融のおまとめローンは、どちらもメリットとデメリットがそれぞれ存在します。
ですから、おまとめローンの利用を考えている方の生活状況やローンの状況などにより、どちらのおまとめローンがおすすめなのかにも違いが出てきてしまいます。
また、それだけではなく、自分がおまとめローンを利用する上で、ここだけは意識したい!という部分があると、なおさらどちらがベストなのかにも違いが出て気います。
銀行と消費者金融のおまとめローンもメリットとデメリットがどちらにもしっかりとあるわけですから、これらを踏まえてしっかりと選びたいものです。
自分に合ったおまとめローンを選ぶコツは、ただネットで情報を調べるだけではなく、この情報を活用して、自分に合った方はどちらかを考えることがあげられます。
幸い、ネットで調べれば、銀行と消費者金融それぞれのおまとめローンのメリットとデメリットは手軽に知ることができますよね。
ですから、この情報を活用して、自分はどちらのおまとめローンを利用してしっかりといくつかのローンをまとめて返済するのがベストなのかを調べるのです!
そうすることで、おまとめローンという、多重債務者からするととても魅力的なローンを利用し、より効率よくローンの完済を目指すことができるようになります。
自分に合ったおまとめローンを選ぶことで、ただおまとめローンを利用すればいいという考え方を持っている方もよりも、より完済を目指しやすくなるわけですから、この部分は押さえておきたいものですよね!
もちろん、銀行や消費者金融も実に様々ですから、しっかりとその中でもより自分に合っている内容のおまとめローンを選ぶようにしましょう。
意外と迷い、探していくにつれて、より選ぶことが難しいのでは?と思った方もいるかもしれませんが、そこまで難しく考えなくても、きっとベストなところが見つかるはずですよ!

Continue Reading

任意整理は債権者側から拒否されることもある

Written by rankup on 2016年11月26日

任意整理は債権者と債務者が話し合いを行って借金の減額をしてもらう手続きのことですが、必ず成功するというものではありません。
任意整理は裁判所を通さずに個人間で行われるいわば「契約」です。
契約は当事者双方の合意がなければ成立しませんので、任意整理を行っても債権者側に拒否されることで成立しないということはあり得ます。
特に、任意整理を債務者本人が自ら行った場合には債権者側から拒否されてしまうケースが多い様です。
法律上は債務者本人が行うことはもちろん認められているのですが、債権者側は銀行や消費者金融などの「お金のプロ」ですので、素人が交渉を持ちかけてもなかなか応じてもらえないというのが実情のようです。
ほとんどの場合、任意整理などの債務整理は弁護士や司法書士などの専門家に依頼することによって手続きがスタートします。
債権者側からしても法律の専門家から交渉を持ち込まれると拒否しにくいだけではなく、「専門家に相談にいくぐらいにせっぱつまっている」ということで「このまま放置していたら借金の全額が回収できなくなってしまうかも」というプレッシャーを与える効果もあるためです(債権者からすると、債務者が自己破産したとすると借金の全額を回収できなくなります)

Continue Reading

個人再生の直前に借入をしてはならない?

Written by rankup on 2016年11月26日

個人再生を検討している方の中には、「個人再生でどうせ借金を減額してもらえるんだから、その直前に借入したら得するのでは?」と考えている方もおられるかもしれませんね。
結論から言うと個人再生手続きに入る直前の借入は避けておくのが賢明です。
個人再生直前(例えば依頼した弁護士などからすでに受任通知が発された後など)に借入を行うと、金額によりますが悪質な場合は裁判所はその新規借入について個人再生の対象としない(つまり減額されない)という措置を取る場合が少なからずあるためです。
債務整理を行うとその後は数年間はローンを組むことが非常に難しくなるため、手続き前に・・・と考える気持ちはわかりますが、そもそも返す意思がない状態で借入をすることは悪くすると詐欺的な行為と裁判所から判断されかねません。
自己破産などの場合はより厳しく判断される傾向があるので特に注意しましょう(自己破産の場合は借金のすべてについて免除されるため、より債権者に対して与える影響が大きいためです)
債務整理については経験のない人が自己判断で動いてしまうと思わぬトラブルに見舞われることも少なくありません。専門家の無料相談などを利用するとともに、実際の手続きでも必要に応じて代行を依頼するようにしましょう。

Continue Reading

破産をしたら抵当権があるものは

Written by rankup on 2016年11月26日

抵当権というのは、お金を借りるときなどに設定します。
要するにお金が返せない時には、その物件など、抵当権が設定された物を取られるようになります。
分かりやすい言葉でいえば、担保であるわけです。
破産をする時には、抵当権が入ってる物はすべて渡すようになります。
どうしても人生で失敗することはあります。
その程度が自分で補いきれるのであれば問題はないでしょうが、そうではなく、もうにっちもさっちも行かない人もいます。
そうした場合は自己破産をすることがお勧めできます。
これは借金をすべて帳消しにすることができる方法です。
裁判所に申請して、認められれば強制力がある行為となりますので債権者も異議は出せないようになっています。
そうした意味ではとても良い制度であるといえます。
しかし、7年に1回になります。
何度も破産はすることができますが、それでも毎年できるわけではなく、7年間は免責期間になります。
それはよく理解しておくべきです。
そもそもそんなに頻繁にやる行為ではないです。
信用情報は傷がつくことになります。
口座がつくれないわけではないですが、借りることは殆ど不可能になりますから、最終手段としてやるべきであるといえます。

Continue Reading

借金問題があるときは任意整理の法律相談を受けて解決ができる

Written by rankup on 2016年11月26日

法律相談の内容として多いものは、借金問題についてのものと言われています。
そのために近年では多くの法律事務所で、無料相談を行っており、様々な借金問題の相談を受け付けています。
借金が増えてします一番の理由は、消費者金融のキャッシングを使ったものと考えられており、毎月の返済ができなくなったときに、他の金融業者から融資を受けて返済に充てたときには多重債務の状態に陥ることになります。
多額の借金を抱えてしまったときには、弁護士などが所属している事務所の法律相談を受けることで、債務整理の説明をしてもらうことができます。
債務整理は法的な手続きによって借金問題を解決できる方法で、任意整理や自己破産などが代表的なものに該当します。
最近の債務整理の中で多く行われている手続きは任意整理で、借り入れ先の金融業者と弁護士が交渉をすることで、過去の取引履歴を調べることで過払い金が発生していないか確認します。
取引の中で過払い金が生じているときには、借金の元本に充てることで借金額の減額の請求を行います。
債務整理の法律相談について受け付けている事務所に依頼をすることで、個別の借金問題について任意整理の手続きを行えるようになりますので、借金額を減らして解決を図ることが可能です。

Continue Reading

個人信用情報は債務整理の手続きをすると登録されます

Written by rankup on 2016年11月26日

個人信用情報はカードローンを申し込んだときや支払いが遅れたとき、債務整理などを行ったときに記録されていきます。
借金をしたことのない人やクレジットカードで商品を分割払いにしたことがない人だと真っ白の状態です。
最近では携帯電話の支払い状況も信用情報機関に記録されていくので月々の支払いが数百円程度でも遅れが3ヶ月以上出たときは事故扱いとして記録されてしまいます。
債務整理のときは個人再生と破産は裁判所を通すので個人信用情報に登録されますが、任意整理でも信用情報機関に登録されていきます。
債務整理の一連の手続きは全て登録されます。
しかしながら債務整理の中の過払い金返還だけは業者の方のデータに残るだけで、個人信用情報機関には登録されないです。
過払い金返還は業者が利息を取り過ぎているので、それを返してもらうためのもので個人の落ち度はなく業者の方に問題があるからです。
支払いが遅れたとき3ヶ月以上延滞するとブラックリストになります。
与信審査のときに影響が出るので支払いの遅れは3ヶ月を超えないようにしましょう。
一度登録されてしまうと延滞情報は5年、自己破産は最長で10年は残っています。
個人信用情報がどういう状態なのか、ご自身で照会できるので一度詳しく見ると個人信用情報がどうなっているのかよくわかります。

Continue Reading

パチンコにおける借金と破産

Written by rankup on 2016年11月26日

現在、日本におけるパチンコは多くのパチンコ愛好家によって趣味の1つとして愛されています。
空いた時間で気軽に遊ぶ事が出来、刺激を求め楽しむ人達も多いのが現状です。
しかし熱中するあまり生活に支障を来たすレベルにまで陥ってしまい借金をしてまで繰り返す人達もいます。
その結果、借金額が大きく膨らみ破産してしまうケースも少なくありません。
わかっていてもパチンコを辞めることが出来ず大勝ちした時の快感を求め借金を繰り返してしまうのです。
パチンコによる破産により人生に大きな狂いが生じ家庭を失ってしまう場合や友達を失ってしまう場合もしばしばです。
パチンコに熱中している人は最初は自分が破産してまでのめり込むまでには至っていないレベルですが負債が増えると自制心を失い自分の貯蓄を使いこんでしまい親、兄弟、友人からも借金をしてしまい気づいたら自分ではどうしようもない状況に陥り破産してしまいます。
自分の仕事の収入や貯蓄に応じて無理のない金額で遊ぶ分には気分転換にも繋り良い趣味にもなるため多くの人達に愛されてもいます。
要は節度を持って遊びの範囲内で娯楽の1つとして接して行く姿勢が必要になって来るのではないかと思います。
破産や借金をしてまでのめり込むのは趣味としての域を超えてしまいますので自分に合った適度な範囲の金額内での遊戯を心掛けて行けば趣味として楽しい時間が過ごせるのではないかと思います。

Continue Reading

個人再生の手続きにおける連帯保証債務の扱いについて

Written by rankup on 2016年11月26日

個人再生は民事再生法という法律によって認められている借金の圧縮および減額をすることのできる債務整理の中のひとつの制度です。
この個人再生では決められている一定の条件を満たすことができれば、裁判所の公認の下で最低弁済額とされる5分の1程度にまで借金を減らすことができます。
この個人再生の手続きを行うには裁判所に対して今後の返済プランを示した再生計画の提出をしなくてはなりません。そのため、再生プランに従った返済計画を実行できるだけの経済力がなければ裁判所の許可を得ることができません。また、何らかの借金をする場合にはその条件として保証人が必要なことがありますが、ときには保証人となってあげた相手が借金の返済に行き詰ってしまうといったケースも少なくはありません。
個人再生を行う人の借金に対して連帯保証人がついているようなケースでは、連帯保証債務については債務整理の対象とはならず、連帯保証人に連帯保証債務の履行が求められることになります。
ただし、この場合の連帯保証債務の履行に関しては一括ではない分割払いが認められることがほとんどです。
なお、連帯保証債務を保証人がいくら支払えばいいのかについては個人再生によって圧縮、減額された借金の金額分を支払い終えれば完了することになります。

Continue Reading

任意整理のメリットと必要になる時間

Written by rankup on 2016年11月26日

債務整理の方法の1つである任意整理には、借金の総額を減らす事が出来る事や将来利息を免除する事が出来るといったメリットがあります。
また、任意整理の特徴として裁判所を利用する事なく借入を利用している金融会社と直接交渉をする事が出来るといった点が挙げられます。
任意整理の手続きを行うには、法律の資格を所持している司法書士や弁護士の方に依頼をする事が必要となります。
手続きが完了するまでにかかる時間が気になるといった方が多くなっています。
法律事務所に訪問をしてすぐに手続きを行う事が出来るといった事はなく、数回の面談で利用者の収入や支出といった生活状況や返済総額や返済方法といった細かな点を確認する時間が必要になります。
その際に、過払い金請求や返済総額の減額といった気になる事を知る事が可能となります。
利用者と担当者の話し合いがまとまる事で金融会社との交渉となります。
交渉が成立する事で最終的に支払う返済総額や返済期間が明確となります。
交渉は担当者に行ってもらう事が出来る事で仕事等で時間が取れないといった方でも利用する事が出来るのといったメリットもあります。
任意整理が完了するまでにかかる時間は、利用者によって異なりますがスムーズに進める事が出来た場合でも数ヶ月以上は必要となっています。

Continue Reading

任意整理のメリットとデメリット

Written by rankup on 2016年11月26日

クレジットカードやカードローンなどの返済が自分でできない場合の債務整理の方法のうちの一つに任意整理があります。
こちらの手続きは返済中の借入に関して利息を利息制限法による上限金利に引き直し計算を行い、将来利息をカットすることで支払い可能な金額まで支払額を下げて支払いを続ける方法です。
任意整理には様々なメリットがあります。
返済中の借入総額と返済額がかなり減少します。
そのため任意整理の手続きを開始する前と比べて現金が手元に残る傾向にあります。
任意整理を行う際には弁護士や司法書士が金融会社との交渉に入るため、自分で金融会社に連絡を入れる必要はありません。
こちらの手続きにはデメリットもあります。
任意整理をしたと言う事実が信用情報登録機関に記載されるので、新規のクレジット契約やカードローンなどの契約が不可能になります。
返済中の借入がなくなってから5年は信用情報登録機関から削除されないので、その間は全て現金で生活する必要があります。
通常の支払い方法だと繰り上げ返済を行うと支払い総額が減少しますが、こちらの方法だと繰り上げ返済をしても支払い総額は減少しません。
そればかりか万が一緊急の病気などで多額の資金が必要になった場合には現金が足りなくなる場合もあります。

Continue Reading

Older posts